「不思議なお友達」 3日目

これは、僕の友達である不2くんとの毎日日記

今日は、今まで1番不思議だと思うことがあった…

それは、今日は、不2くんが存在していなかった…

休んだわけでは、なくて存在が無かったその時の事を詳細に話そうと思う。

まず、朝は、不2くんの姿がなかった…心配になった僕は、先生に休みか来てみたら…「そんな人学校に居ない」っと言われてしまった。僕は、3回も聞き直したでも結果は、変わらなかった。

僕は、心配になって心が潰されてたような感覚だった。僕は、倒れて保健室に運ばれてたらしい。僕は、体調は、良くなっていたので、教室に戻りました。

でも、誰も気になんかしてくれない…僕は、虚しさを感じながら席に座った。(僕は、元々ぼっちなんだ)っと自分の心に言い聞かせた、その瞬間、肩を叩く不2くんがいた。僕は、涙が溢れていた。時空が歪んで不2くんがいなかったのかもしれない。

不思議な体験が出来るから、今日も不2くんについていく!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *